Doorkeeper

大西まさや&早川千晶ポレポレツアー2016 アフリカトーク&ライブ@ギルドハウス十日町

2016-06-22(水)19:00 - 21:00

ギルドハウス十日町

新潟県十日町市未甲263 ※未甲はヒツジコウと読みます

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
料金は投げ銭制です(できるだけ多くの方に来てほしいため、決まった料金はありません!)

詳細

トークとライブで、アフリカの風を感じよう!

大西まさや&早川千晶ポレポレツアー2016 アフリカトーク&ライブ@ギルドハウス十日町

アフリカで活躍しているお二人が、この度ギルドハウス十日町にも足を運んでくれることになりました!
当日はこの他に、アフリカ雑貨の物販もありますよー!(^^)

大西まさや&早川千晶
ポレポレツアー2016
アフリカトーク&ライブ@ギルドハウス十日町

■日時
6月22日(水)19:00〜21:00(予定)
開場:18:30 / 開演19:00

■場所
ギルドハウス十日町 2F 大広間
新潟県十日町市未甲263番地

■料金
投げ銭制
(できるだけ多くの方に来てほしいため、決まった料金はありません!)

以下、出演者プロフィールです。

★大西匡哉(おおにし・まさや)

ケニア伝統太鼓「ンゴマ」奏者。映像作家。 9年間に渡るケニア音楽修行を終え2013年帰国。

ストリートミュージシャン、ジャムロックバンド「らぞく」、打楽器グループ「楽」「ブルケンゲ」で活躍、その後、2004年からケニアのミジケンダ・グループに属するドゥルマ民族の村で伝統文化継承者スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、センゲーニャと呼ばれる伝統音楽の修行を続け、20人目の息子となった。

2004年、アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティをサポートするためのプロジェクトJIWEを設立。知られざる伝統音楽の発掘、CD制作、音楽を通じての村おこしに取り組んでいる。

CD「センゲーニャ~東アフリカの伝統音楽 ドゥルマ・ディゴ・ラバイ」,「TWENDE
NYUMBANI~キベラスラムの歌声 Vol.1」,「MILELE~キベラスラムの歌声 Vol.2」,「Tupendane~アイシアオウ!」,「MASAI~東アフリカの伝統音楽 マサイ」をリリース。 早川千晶とマゴソスクールの子どもたちと共に「マゴソTV!」、ドキュメンタリー「マサイのいま~伝統と変化のはざまで」を制作中。

★早川千晶(はやかわ・ちあき)

ケニア在住28年。キベラスラムのマゴソスクール主宰。世界放浪の旅の後ケニアに定住。

ナイロビ最大級のスラム・キベラで、孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺・マゴソスクール、海岸地方ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)を運営している。スラム住民の生活向上、マサイ民族のコミュニティと共に行うエコツアー、大自然体験キャンプ、フェアトレード活動、CD制作などを手がけている。

著書に、「アフリカ日和」(旅行人)、「輝きがある。~世界の笑顔に出会う瞬間(とき)」(出版文化社)。 1999年から日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを展開している。

マゴソスクールを支える会
http://magoso.jp/


【Facebookイベントページもあります!】
https://www.facebook.com/events/651178725030643/?active_tab=posts

コミュニティについて

住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」

住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」

2015年5月1日オープン。これまで延べ73名が住み、現在11人で共同生活。延べ8,400人以上が訪問。新潟県の越後妻有・大地の芸術祭の里、十日町市にあるシェア古民家。いわゆる営利目的のシェアハウスではなく、シェアハウスの概念を超えて、住人のみならず多様な人たちが集う場として、築100年以上の古民家をセルフリノベーション。住まいを開放して交流空間とする「住み開き」、多様な職種が協働するコワー...

メンバーになる